Agribusiness labo

建築物は徳島県農業大学敷地内にある築43 年になる鉄骨造2 階建て床面積は351.75 ㎡の施設。

耐震改修とともに用途変更を行うプロポーザル事業であった

 県内には専門的な研究施設もあるが、この建物は本格的な調理器具や実験機器を設置しており一般の地域住民や民間団体・学生等もそれらを気軽に利用できるようなオープンラボとなっている。

2 階には会議室を設け、会議室で講義の後に実習を行うセミナー形式としても利用できる。

「研究施設」という硬いイメージではなく商品開発に一歩踏み入れることができるきっかけとなる様な施設として馴染みやすい全体が柔らかい雰囲気で利用できるように考えられている。

竣  工:2017 年3 月

規  模:鉄骨2 階建 351.75 ㎡

コンソーシアム:高田建築設計室・株式会社松島組